鳩の被害対策で住み良い環境|糞害を防ぐために

作業者

被害が出る前に

スプレー

鳩がベランダに巣を作っているという相談が、害獣駆除業者にかかってくるケースもあります。しかし、これは巣を作られた側にも責任がある可能性もあります。鳩が巣を作るというのは、安心して子育てが出来ると判断したからです。その為、何度もその家を訪れている可能性があります。最近ベランダや家の近くで鳩をよく目にするようになったという人や、ベランダや玄関などに糞が毎日の様に落ちているという人は注意が必要です。これはすでに鳩のたまり場と化している可能性があり、早急に鳩対策が必要だと言えます。鳩を見る機会が増えたら警戒しましょう。また、鳩の糞見た目やニオイだけでなく様々な被害を及ぼします。鳩の糞に含まれる酸性の成分が、金属を溶かしてしまうのです。そのため、金属性の手すりや玄関先などに糞をされるとどんどん劣化し、最終的には壊れてしまうでしょう。また鳩にも病原菌や寄生虫が沢山いますが、その糞にも含まれています。こういった糞を直接手で触れる事は流石に無いと思いますが、間接的に何かに触れてしまい、体内に入る可能性は十分あります。もし体内に入ったら病気や食中毒の原因になってしまうでしょう。その為、鳩の糞対策もしっかりしましょう。鳩のこういった被害を未然に防ぐプロは全国にいます。鳩対策の業者さんは、鳩を撃退するために色々な方法を用います。例えば鳩が屋根や玄関先に止まる事ができない様に、特殊な素材を設置する等があります。その為、鳩による被害が実際に発生する前に対策をして防ぐ事が出来るのです。